Home » トピックス » マイコンカーラリー・テクノプラザおかや杯:裏方でも存在感

マイコンカーラリー・テクノプラザおかや杯:裏方でも存在感岡谷工業高等学校同窓会

category : トピックス 2020.2.10 

 岡谷市内の企業の技術を紹介し、ものづくりの人材育成を目指す『ものづくりフェア2020』が7、8日の両日テクノプラザおかやとララオカヤで開かれ、その一環として同窓会が協賛する『マイコンカーラリー・テクノプラザおかや杯2020』が8日テクノプラザおかや一階で開催されました。
大会には県内外の7校からアドバンス、ベーシック、カメラの三部門に37台のマシンがエントリーし熱戦を繰り広げました。
ベーシッククラスは基板や電池の本数など、規定で定められた条件の下タイムを競います。アドバンスクラスはカスタマイズ性が高く、製作者の知識と腕が試される部門です。カメラクラスはカメラでコース状態を読み取って自動走行します。
競技は三部門とも二台並行のタイムレースで、設定されたコースを右回りと左回りでそれぞれインとアウトから一回ずつスタートして合計四回走り、順位によるポイントと完走によるポイントの合計点で争います。
岡工は三部門にエントリーしましたが優勝は成らず、ベーシッククラスの二位に新村大稀君、三位に宮澤真生君が入賞しました。
岡工生徒は、競技に出場すると共にコース整備等の裏方としても大きな役割を果たしていました。


コメントフォーム

CAPTCHA


アクセスカウンター

同窓会事務局

Sponsored by

Copyright(c) 2020 岡谷工業高等学校同窓会 All Rights Reserved.