Home » トピックス » 岡工硬式野球部創部100周年記念式典・記念講演会開催

岡工硬式野球部創部100周年記念式典・記念講演会開催岡谷工業高等学校同窓会

category : トピックス 2015.11.16 

大正4年岡谷工業高等学校の前身である平野村立平野蚕糸学校に硬式野球部が誕生し、今年で100周年を迎えました。  春夏合わせて5度の甲子園出場を果たすなど輝かしい歴史と伝統を誇る硬式野球部の創部100周年を祝う、記念講演会と記念式典が岡谷市長地のライフプラザマリオで行われました。

記念講演では、昭和36年から硬式野球部の監督に就任し、昭和43年の第50回全国高校野球選手権大会に38年ぶりに甲子園に導いた、丸山倍男氏から、中等野球草創期:明治39年松本中学(現松本深志)が上田中(現上田高校)との試合で日本初のスクイズを決めた話。

黄金期:昭和3年第14回全国中学校優勝大会の優勝投手で松本市出身松本商業(現松商学園)の中島治康選手が巨人に入団しプロ野球史上初の三冠王に輝いた話。  諏訪蚕糸は昭和4年の甲信越大会優勝から快進撃が始まった話。等大正4年から昭和5年にかけての中等野球黄金期の珍しい講話を聴くことができました。

最後には、『 継承伝統 一途前進 』:素晴らしい伝統を継承し、ひたむきに前進をしてほしい!と激励の言葉が贈られました。

IMG_3827

引き続き、記念式典が180人の出席の下開かれ、全員で校歌を斉唱した後、豊田実行委員長挨拶、小池学校長挨拶、来賓紹介及び来賓祝辞、歴代監督紹介及び代表監督の挨拶がありました。

IMG_3838

実行委員会から、100周年を記念し現役生徒の皆さんに記念品としてマイクロバス1台が贈呈され神田監督に目録が手渡されました。  その後、硬式野球部OB会村社幹事長の音頭で乾杯が行われ、今後の野球部の活躍と甲子園出場への期待で会場が盛り上がりました。

尚、席上紹介された記念誌『 球道 』は、同窓会館にて5,000円で販売しますのでご希望の方はご連絡ください。

 

 


comment closed

アクセスカウンター

同窓会事務局

Sponsored by

Copyright(c) 2015 岡谷工業高等学校同窓会 All Rights Reserved.