Home » トピックス » 硬式野球部100周年を祝い上田高校・長野高校と招待試合

硬式野球部100周年を祝い上田高校・長野高校と招待試合岡谷工業高等学校同窓会

category : トピックス 2015.6.22 

1915年(大正4年)に創部し、諏訪蚕糸時代を含め4度甲子園出場を果たしている歴史と伝統のある、硬式野球部の創部100周年記念招待試合が6月21日(日)諏訪湖スタジアムで開かれました。 激しく降ったり小降りになったりの生憎の天候でしたが、予定通り午前8時30分から今井竜五岡谷市長、佐久秀幸同窓会長他の来賓をお迎えし開会セレモニーがスタートしました。

記念事業実行委員会の豊田堅一実行委員長より『100周年を機会に現役の選手に当時の感動と熱意が伝わったら嬉しい。雨になり大会が近い選手の体調が心配であるが怪我の無いよう精一杯のプレーを見せて欲しい。』と開会の挨拶がありました。

IMG_3705-1

第一試合の上田高校は、1981年第63回の県大会で決勝を戦った相手。一回の表に4点を挙げ優位に立つも、その後の追加点が取れず4-5の逆転負けを喫しました。

当初は、三校による総当たり戦を予定していましたが、上田、長野両校のご配慮もあり、天候を勘案し岡工が両校と対戦する二試合のみの変更となりました。

第二試合は長野高校。長野高校は明治32年に創立、長野県下では3番目に古い歴史と伝統のあるチームで、1968年夏の甲子園出場をかけ長野県大会の決勝で激突した相手です。 第一試合と同様2点先行するも3-3の同点に追いつかれた後、逆転を許し3-5で悔しい2連敗となってしまいました。

第一試合終了後、バックネット前で3チームのメンバー全員で記念撮影を行いました。 三チームの平成27年度の全国高校野球選手権大会でのご健闘をお祈りします。

IMG_3720

 


comment closed

アクセスカウンター

同窓会事務局

Sponsored by

Copyright(c) 2015 岡谷工業高等学校同窓会 All Rights Reserved.